薬物療法の危険性

薬物療法は副作用の危険性をぬぐうことはできません。

 

安全性の高いといわれる薬が開発されていますが、それでも副作用はゼロではありません。

 

ですから、高血圧の原因がはっきりしていて原因を取り除けば血圧が安定するという二次性高血圧を除いて病院でもなるべく薬を処方しません。

 

薬が処方されるのは、血圧が高すぎて今にも血管が破れてしまいそうなときや、糖尿病など基礎的な疾患があり、高血圧の状態が続けば血管が破れたりして命に関わる恐れがあるようなときです。

 

しかし、降圧剤などの薬を使用しても、血圧低下は一時的なものです。薬だけで血圧を下げていると、薬を止めればすぐに血圧は元通りになってしまいますので飲み続けなければならなくなってしまいます。

 

飲み続ければそれだけ副作用の危険性も高まっていきます。また、降圧剤の使用は時として血圧を下げすぎてしまう危険性もはらんでいます。

 

ですから、薬だけに頼ることなく、生活習慣を見直して、塩分を控えた食事にすることや適度な運動を行って肥満体型を解消することなどが必要となります。

 

できるだけ薬に頼らないで、生活習慣の見直しで血圧を安定させたいものですね。