産後の高血圧の原因と対処

産後の高血圧の原因の大半は妊娠高血圧症によるものです。

 

かつては妊娠中毒症と呼ばれていた病気で、妊娠によって血管に負担がかかることから発症します。妊娠後期から発症することが多く、高齢の妊婦さんに多い病気です。

 

大抵出産すると治りますが、中には産後12週を過ぎてもたんぱく尿などが治まらず、血圧が正常化しない場合もあります。この場合は高血圧症に移行する可能性もありますので、内科医で診察を受ける必要があります。

 

産後も高血圧状態が治らない場合、慢性腎炎や高血圧要因が妊娠前には隠れていて、妊娠を機に表に表れたということも言われています。妊娠高血圧症になったり、産後も血圧が安定しない場合、次の妊娠時にはより重篤な症状になることもありますので、注意が必要です。

 

産後、授乳している場合は降圧剤などの薬を飲むことができませんので、食事療法を行ったり、生活習慣を見直すことによって治療していく方法がとられます。

 

しかし、あまりにも血圧が高い場合は、母乳による授乳を止めて、一時的に薬を飲まなければならなくなります。薬は母乳を介して赤ちゃんに移行してしまいますし、できるだけ使用したくないものです。

 

悪化しないうちに生活習慣を見直して、血圧が安定するようにしたいものです。