リバロ

血液中のコレステロールを下げる薬です。血液中のコレステロールが高いと、動脈硬化が進み、狭心症や心筋梗塞の原因になることがあるので、それらを予防します。

 

チタチン系のコレステロール低下薬に分類され、肝臓でのコレステロールの合成を抑えます。これによって、悪玉コレステロール(LDL)が減少し、善玉コレステロール(HDL)が増加します。

 

服用上の注意

  • 持病やアレルギーのある人、妊娠中、授乳中の人は医師や薬剤師に伝えておくこと。
  • 市販薬も含めて別の薬を服用している人は医師や薬剤師に伝えておくこと。
  • 肝臓や腎臓の悪い人は症状を悪化させたり副作用が出やすいため、注意すること。
  • 甲状腺機能低下症、筋ジストロフィー、酒量の多い人、高齢者は副作用が強く出ることがあるので注意すること。
  • 免疫抑制薬のシクロスポリンを飲んでいる人は黄紋筋融解症という筋肉の副作用が出やすくなるので、服用しないこと。

 

起こる可能性のある副作用一覧

  • 手足のしびれ、けいれん、手足に力が入らない、筋肉痛、歩行困難、赤褐色の尿(黄紋筋融解症)
  • 腹痛や吐き気、下痢などの胃腸症状
  • 筋肉のぴくつき、筋肉のふるえ(ミオパシー)
  • AST(GOT)、ALT(GPT)などの肝機能値が上昇してくる
  • 頭痛、指のしびれ感、発疹、かゆみ