ノルバスク

カルシウム拮抗剤。細胞内にカルシウムが流入することを防いで、冠血管や末梢神経を弛緩させ、血圧を下げたり狭心症の発作を起こりにくくする作用があります。通常、高血圧症や狭心症の治療に使用されます。

 

高血圧症の治療薬としては効き目がよくて安全性が比較的高いので、高血圧症の第一選択薬として用いられています。血糖・尿酸・脂質に影響せず、年齢を問わずに幅広く使用することができるので、合併症の多い高齢者には特に用いられる薬です。

 

服用上の注意

  • 肝機能障害や腎機能障害がある人は医師や薬剤師に相談すること。
  • 他の降圧剤や利尿薬と併用する場合は血圧の下がりすぎに注意すること。
  • 妊娠中や授乳中の人は医師や薬剤師に相談すること。
  • 血圧が下がることによって、めまいやふらつきなどが現れることがあるので、高所での作業や車の運転、危険を伴う機械の操作などには十分に注意すること。

 

起こる可能性のある副作用一覧

  • ほてり(熱感・顔面潮紅など)、めまい・ふらつき、頭痛、頭重、動悸、発疹、かゆみ、蕁麻疹、光線過敏症、多形紅斑、血管炎、血管浮腫(まぶた・口唇の腫れ・呼吸困難)、連用により歯肉肥厚
  • 全身倦怠感、食欲不振、皮膚や白目が黄色くなる(肝機能障害、黄疸)
  • 出血しやすい(歯ぐきからの出血や鼻血など)
  • 出血が止まりにくい、皮下出血(血小板減少)
  • のどの痛み、発熱、頭痛(白血球減少)
  • 徐脈、めまい、失神(房室ブロック)