本態性高血圧とは

高血圧の約90%が本態性高血圧です。

 

本態性高血圧とは、血液検査やさまざまな画像検査などによって原因を特定できる二次性高血圧以外の原因のはっきりしない高血圧のことです。

 

本態性高血圧の中でも、高齢者の場合は加齢によって動脈自体が柔軟性を失ってきて、最高血圧が上昇し、最低血圧はむしろ低下するという収縮期高血圧となる場合があります。

 

本態性高血圧は原因不明であると言われていますが、遺伝因子と環境因子が関係していると言われています。

 

遺伝因子としては有力なものとしてレニン・アンジオテンシン系、キニン・カリクレイン系、交感神経系の各種構成要因に影響する遺伝子が報告されていますが、単一の遺伝子のみで発症するものではありません。

 

また、候補の遺伝子があるだけで発症するわけではなく、食塩の取りすぎやアルコールの飲みすぎ、肥満、ストレスなどの環境因子が相互に関連しあって血圧が上昇すると言われています。

 

本態性高血圧であるからといって、特別な症状はありませんが、頭痛、頭重感、肩こり、倦怠感などの不定愁訴を訴えることがあります。

 

ただし、これらがあって高血圧であると診断されることは少なく、無症状であって検診や他の疾患で受診した際に偶然発見される方が圧倒的に多いです。