高血圧を放っておくと重大な症状につながる恐れがある

高血圧になっても自覚症状はあまりでません。そのためつい放置してしまいがちになるのですが、高血圧はさまざまな重大な疾患の原因となるもので決して甘くみてはいけません。

 

高血圧が引きおこす疾患のうち、最も危険なものが「動脈硬化」でしょう。

 

高血圧になると、体中の血管が高い圧力の血液にさらされ続けることになります。すると、川がその流れにより河原を侵食していくように、血管が損傷を受けることになります。

 

血管が損傷を受けると、そこに悪玉コレステロールが付着しやすくなります。

 

身体には悪玉コレステロールを排除するしくみが備わっていますが、悪玉コレステロールが増えやすい食生活をつづけていると、血管に付着したコレステロールは取り除かれることなく、そのまま残り、さらに増えていくことになります。

 

悪玉コレステロールが血管の内側に付着すると、血管が細くなってしまうことになります。これが動脈硬化です。

 

動脈硬化により血管が細くなると、細い血管に血液を流そうとするために、さらに血圧が高くなります。

 

血圧が高くなると、動脈硬化も進行するため、高血圧と動脈硬化は相乗効果で悪化していくことになるのです。

 

動脈硬化が進行すると、脳出血や脳梗塞、心不全、狭心症、心筋梗塞、腎不全などの疾患を引きおこします。

 

これにより重度の後遺症が残ってしまい、生活の自由度が失われたり、場合によっては死に至ることも稀ではありません。たかが高血圧と甘く見ないことが大切です。