アルコールと高血圧の具体的な関係は?

アルコールはこれまで、血圧を上げると考えられてきました。

 

アルコールを飲むことにより、血液の収縮反応が高まること、交感神経の活動が活発になり、心臓の拍動を速めること、腎臓からマグネシウムやカルシウムが失われること、などが理由です。

 

アルコールを継続的に飲む人は、高血圧の頻度が高いということも、調査結果として確かにありました。

 

しかし現在では、高血圧とアルコールの関係は、「アルコールをただやめてしまえばいい」、というほど単純ではないこともわかってきました。

 

アルコールを飲む人は、飲まない人にくらべて確かに日中の血圧は高くなります。しかし逆に、寝ているあいだの血圧は低くなり、一日を通してみると血圧は変わらないということがわかってきたからです。

 

酒は百薬の長と昔から言われてきましたが、たしかにお酒を飲む人は、飲まない人より動脈硬化の程度が軽く、心疾患のリスクが低いことがわかってきています。

 

また一日に缶ビール1本程度のアルコールを飲む人は、全くアルコールを飲まない人にくらべ、死亡率が低いこともわかっています。

 

お酒を飲む際の「おつまみ」に注意しよう

 

もちろんアルコールを大量に飲んでしまうと、高血圧をはじめさまざまな疾患の原因になることは明らかです。しかし少量のアルコールであれば、逆に体に良いともいえるのです。

 

男性なら一日に、ビールなら大瓶1本程度、日本酒なら1合程度、女性はその半分くらいの量を飲むのは、高血圧の人にとっても決して悪いことではありません。

 

ただし注意が必要なのは、お酒を飲むときに塩分が高いつまみを食べてしまうことです。

 

アルコール自体よりも、おつまみに含まれる塩分の方が問題になるケースも有るので注意しましょう。