降圧剤の副作用を正しく知ろう

 

薬を使った高血圧の治療について

高血圧で悩んでいる人にとって、降圧剤はなくてはならないものかもしれませんが、過信しすぎるのは禁物です。最近では降圧剤の研究も進み、以前に比べれば安全性も高まってきていると言えますが、それでも副作用はゼロではありません。

 

現在の主な治療法では、高血圧の原因がはっきりしていて、原因を取り除けば血圧が安定するという二次性高血圧を除いては、病院でもなるべく薬を処方しないようにしています。

 

これは、降圧剤をはじめとする高血圧のお薬が、「高血圧を治療するもの」ではなく、一時的な対症療法として、血圧を下げるための薬に過ぎないからです。

 

したがって、薬が処方されるのは、血圧が高すぎて今にも血管が破れてしまいそうな場合や、糖尿病などの基礎的な疾患があり、高血圧の状態が続けば血管が破れたりして命に関わる恐れがあるような時です。

 

このような深刻な病状の場合に限っては、降圧剤を使って血圧を下げることが優先されますので、病院でお薬が処方されます。

 

降圧剤に頼らず、根本的な原因を取り除くことを目指しましょう

 

先ほども書いたように、降圧剤を使った血圧の低下は、あくまでも一時的なものです。薬を飲むのを止めればすぐに血圧は元通りになってしまうので、これでは根本的な解決とは言えません。

 

さらに長い期間薬を飲み続けていれば、それだけ副作用の危険性も高まってしまいます。

 

また降圧剤の使用は、時として血圧を下げすぎてしまうという危険もはらんでいます。

 

ですから、降圧剤に頼り過ぎずに、普段の生活習慣を見直すことで、高血圧の根本的な原因を取り除くことが大切です。例えば塩分を控えた食事にしたり、適度な運動をするなど、自分に出来る範囲のことから始めてみましょう。

 

特に食生活は血圧に密接に関わってきますので、なるべく早く見直すことが大切です。

 

高血圧の原因をなくすためには多少時間がかかるかもしれませんが、焦らずに取り組めば少しずつ血圧も安定してくると思うので、健康に良いものを意識して摂るようにして、降圧剤から卒業しましょう。